娘を溺愛するパパの探求

2人娘を溺愛するパパが娘の為に色々調べたことを記事にします!しかしこれは、ただの自己満足か?

感覚遊びって何!?子供はいろんなものに触れさて成長させよう!

      2017/05/20

小さい頃に感覚遊びをすることが大切とよく言われますね。

でも、実際にどのような遊びをさせればいいのか分からないパパママも多いのではないですか?

私も一人目の時には、何をすればよいのか分からず悩みました。

今回は、おススメの感覚遊びのご紹介や感覚遊びを子供が嫌がる時の対応についてまとめてみました。

子供の心の成長のためにも、色々な感覚遊びをさせてあげたいですね。

スポンサードリンク

 

■感覚遊びとは?■

人間の五感は、「触覚・視覚・聴覚・味覚・嗅覚」の5つからなっています。

子供は、日々の生活の中で色々なものに触れ、これらの感覚を発達させていきます。

子供の五感をより発達させるために行う遊びが「感覚遊び」です。

 

具体的には、

  • 色々なものを実際に触ってみる(土・草・虫・水・食べ物)
  • 色々なものを目で見る(自然・動物・植物)
  • 様々な音を感じる(雨・風・音楽・車)
  • 口に入れて舌で感じる(食べ物・おもちゃ)
  • 臭いを嗅いで香りの違いを感じる(食べ物・植物)

ということを、遊びの中に取り入れていきます。

 

■感覚遊びのメリット■

感覚遊びを小さい頃に沢山した子供は、好奇心や探求心が盛んになる傾向にあると言われています。

新しい環境に入った時に柔軟に対応できたり、物おじしない性格になる子も多いですね。

逆に、小さい頃に感覚遊びをする機会が少なかった子供は、予期せぬ事態にあった時に適切な対応が出来なかったり、几帳面すぎる性格になったりすることもあるようです。

ただ、子供の性格はそれぞれで、良し悪しと一言で決めつけることはできませんので、その子の持つ特性を生かしてあげることも大切ですね。

スポンサードリンク

■おススメ!感覚遊び6つ■

感覚遊びといっても、そんなに難しい遊びをする必要はないです。

私たち親世代が子供の頃によくした遊びが、子供にとっては大切な遊びだったりもします。

【1.砂遊び】

子供の想像力次第で色々なものに変化する砂遊びは、子供の感覚を刺激してくれます。
スコップなど道具を使うのも良いですが、素手で砂に触れることも大切です。
サラサラの砂に水を混ぜると固まってくるなど、触感が変化することを知ることも大事ですね。

【2.水遊び 】

水は、触ると冷たい・顔に当たると痛い、手ですくうと手の隙間から漏れるなど、色々な感覚を感じることができます。
水を叩いた時の手の痛みやパシャパシャという音も子供にとっては、とても新鮮でしょう。
プールや川などに連れて行く時間がないという方は、お風呂で沢山遊ばせてあげましょう。

【3.楽器遊び 】

色々な楽器に触れて、色々な音を感じてもらいたいですね。
楽器のおもちゃが家にあまりないという方は、手づくり楽器を作ってあげるのもいいでしょう。
ペットボトルのマラカスを作ったり、空き缶を割りばしなどで叩かせたりするだけでも十分に楽しめます。

【4.粘土遊び 】

近くにお砂遊びが出来る公園がないという方は、是非自宅で粘土遊びをさせてあげましょう。
粘土は、手先の感覚を養うと同時に色々な形に変化するので創造力もつきます。
また、カラフルな粘土を使うことで色彩感覚が養われます。
色を混ぜると変化することも覚えることができます。

【5.絵具遊び 】

お家が汚れるからと敬遠する方も多いですが、絵具遊びも子供にとっては良いことばかり。
小さい子供なら筆を使わずに指先で触れて大きな紙に絵を描かせてあげると、触覚から絵の具を楽しめます。
色々な色を混ぜてみたり、手に付ける量を変えてみたりするなど、様々なやり方を体感させてあげましょう。

【6.お料理のお手伝い】

五感を鋭くさせるだけでなく、食べ物への関心も同時に高めることができますよ。
野菜や果物を洗うのを手伝わせてみてください。
子供は、野菜や果物の香りや触り心地を感じることができます。
皮と中身で色や触感が違うことを知ることができます。

■感覚遊びを嫌がる子供への対応■

子供の中には、新しいことをさせようとなると二の足を踏んでしまう子もいます。

また、お砂場に連れていっても手が汚れたり、靴に砂が入ったりするのを嫌がる子供もいますね。

子供が嫌がることを無理矢理させるのは、逆効果になってしまいますので、子供が興味を示すものから取り入れてみるといいですね。

公園へ連れて行っても砂遊びをしたがらないなら、公園に生えている雑草を抜いて遊んでみたり、ボール遊びをするなど、他の遊びから初めてみてはいかがでしょうか。

 

■まとめ■

砂遊び・水遊び・粘土遊びなど感覚遊びは、どれも身近な遊びばかりですね。

ママやパパと一緒に楽しむのもよいですが、同年代のお友達と一緒に遊ぶことで、五感だけでなく、協調性なども育てることができそうですね。

私も下の子は忙しくて公園にあまり連れて行っていないのですが、やはり沢山砂遊びをさせてあげなきゃと反省しました。

 

次の記事はコチラ⇒

スポンサードリンク

 - 生活